味覚の変化

年齢を重なると、いろんなものが変化しますね。最近特にそれを実感しているのが食生活です。

若い時は焼肉バイキングに行くと脂たっぷりのカルビ肉をいただいたものですが、この歳になるとアッサリとした赤身のお肉が美味しいと感じます。
子供たちは味付けのしっかりした中華料理や肉料理が好きなので、家族の献立を考えるとき、大人目線の趣向にならないように気を付けています。
けど、たまには大人の味を楽しみたいですね。

苦いものや酸味のあるものは、ちょっとづつ食べるのが美味しいです。
食感や鼻に抜ける様な香りの山菜を食べているときは、本当に贅沢しているなっていう気持ちになれます。

こんな味覚の変化は若いときには考えられないものでした。
お肉もお魚も大好きだけど、これからもっと好みがかわるのかな、っと思うう不思議な気持ちになります。
でも、どんなに年齢を重ねても美味しくて安全なものを食べたい、と思う気持ちだけは変化はないですね。これだけは自信があります。